ここから本文です

北朝鮮が韓米軍事演習を連日非難 主要メディアも

聯合ニュース 8/23(火) 11:33配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が主要機関とメディアを通じ、韓米両軍が朝鮮半島で22日開始した定例の合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)を連日非難している。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は23日の論評で、「悪名高い核戦争の殺人装備を引き込んでいる米帝の軍事的な動きは、わが軍隊の無慈悲な報復対応の意思を一層強くするだけだ」と威嚇した。

 対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会の韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」も同日、韓米合同演習を「軍事的挑発であり、公然たる宣戦布告」と見なしながら、「米国が軍事的な挑発にしがみつくほど、共和国(北朝鮮)の軍事的な威力は限り無く屈強になる」とした。

 北朝鮮は韓米の演習開始前日の21日に祖国平和統一委員会が、22日も朝鮮人民軍総参謀部と外務省がそれぞれ報道官声明を発表し、演習に強く反発した。

最終更新:8/23(火) 14:08

聯合ニュース