ここから本文です

プロ野球、海外サッカーがいつでもどこでも見られる動画配信サービス「DAZN」開始

東スポWeb 8月23日(火)16時21分配信

 英国パフォーム・グループは23日、都内で会見を開き、動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」開始を発表した。

 この日から始まった「DAZN」は、テレビ、PC、スマートフォン、タブレットなどのデバイスで視聴可能なライブストリーミングサービス。サッカー、野球など130以上のスポーツコンテンツから年間6000試合以上をライブとオンデマンドで楽しめる。

 会見に登場したジェームズ・ラシュトンCEOは「ファン優先のサービスです。いつでもどこでも見られるのが特徴」とテレビとは違った魅力をアピールした。

 注目のコンテンツは、先日発表された10年2100億円で放映権を獲得したJリーグ(J1、J2、J3)、プロ野球(横浜DeNAベイスターズ、広島カープのホームゲーム)、ドイツ1部リーグ「ブンデスリーガ」、イタリア1部リーグ「セリエA」、メジャーリーグ(MLB)など国内外の人気スポーツを集めている。

 日本でのサービス展開について中村俊日本社長は「DAZNにくればいくつものスポーツが魅力的な価格で見られる。スポーツの情熱や感動をお届けし、日本のスポーツを盛り上げることに貢献します」と語った。

 なお、Jリーグの放送は来季からとなる。

 価格は定額で1750円(税抜き)。

最終更新:8月23日(火)16時26分

東スポWeb