ここから本文です

外国人参政権問題「議論が党内で深まっていない」── 民進党・蓮舫代表代行

THE PAGE 8/23(火) 19:59配信

 民進党の次期代表選への立候補を表明している蓮舫代表代行は23日、東京の外国特派員協会で会見し、旧民主党が目標に掲げていた定住外国人の地方参政権の早期実現について「もう一度議論を深めるべき」としたものの「議論が党内で深まっていない」として、どう取り組んでいくべきかについては明確な態度表明を避けた。

【中継録画】民進党代表選に立候補を表明の蓮舫氏が会見

 優先順位としては、外国人参政権の問題よりも「立候補年齢を下げる取り組みが優先されると思う」という認識を示した。

 また、天皇陛下が生前退位の意向を強く示されている点については、「超高齢化社会の日本において、年金や介護、医療などの制度の議論は国内で行ってきたが、皇室の超高齢化に制度としてどう対応すべきかは考えてこなかった。立法府の不作為だと思う。猛省が必要」と述べた。

(取材・文:具志堅浩二)

最終更新:8/23(火) 20:48

THE PAGE