ここから本文です

派遣学生が決意新た 会津大のシリコンバレー研修

福島民報 8月23日(火)12時59分配信

 会津大が米国シリコンバレー(カリフォルニア州)に設けた海外研修拠点に学生を派遣する「米国シリコンバレーインターンシッププログラム」の壮行会は22日、福島県会津若松市の会津大で開かれ、学生が決意を新たにした。
 同大のスーパーグローバル大学事業の一環。大学院生を含む9人が23日から9月6日までプログラムに取り組む。岡嶐一会津大理事長兼学長が「シリコンバレーの雰囲気を感じ、自分の意見を積極的に表現してほしい」とあいさつした。学生代表の花田祐輔さん(4年)が「参加者それぞれにとって価値ある体験ができるように頑張ってきたい」と決意を述べた。
 現地では3班に分かれ、施設の見学をしながらソフトウエアのシステム開発や、製品開発を行う。アイデアを生かしたビジネスモデルの構築などについても学ぶ予定。

福島民報社

最終更新:8月23日(火)13時5分

福島民報