ここから本文です

国分太一、SMAPの木村拓哉帰国に「率直な気持ち聞けた」

デイリースポーツ 8月23日(火)9時40分配信

 TOKIOの国分太一が23日、TBS系「白熱ライブ ビビット」で、22日にハワイから帰国し、報道陣に対応したSMAPの木村拓哉について、「素直な気持ちが聞けたと思う」と語った。

 番組では、冒頭から木村の帰国について特集。VTRが終わり番組開始のあいさつをした直後、国分は「木村君が成田空港に現れて語ってくれたということですけど」と切り出した。

 木村のコメントの中にあった「今は複雑」という言葉に触れ「木村君的にはそういう思いなのかな」と、先輩の心情を察した。そして木村が空港でマスコミ対応したことについても「スルーしようと思えばできる場所だったと思うんですけど、それでもこうやって語ってくれたことは嬉しい。率直な気持ちが聞けた気がする」と“神対応”を称賛した。

 今後も5人そろっての番組「SMAP×SMAP」が年末まで続くことにも触れ「今後も番組が続くってことは、彼らの笑顔も見たいですし、ゲストを招く番組ですので、ゲストに気を遣ってもらうのではなく、SMAPさんが呼ぶので、楽しい雰囲気作ってほしい」とも訴えた。

 最後に「(解散が)決まった以上はぼくらもバックアップしていかないといけないと思うし、ソロになったときも見たい先輩たちなので、笑顔の先輩たちを見ていきたい」と、解散まで明るいSMAPを見ていたいと話していた。

最終更新:8月23日(火)9時56分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。