ここから本文です

江口洋介が下北沢でワンマンライブ

音楽ナタリー 8月23日(火)12時22分配信

江口洋介が10月9日に東京・下北沢GARDENでワンマンライブ「シモキタからはじめよう AUTUMN」を開催する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

彼は5月に下北沢GARDENで約20年ぶりにワンマンライブを実施。大々的な告知は行われずに開催されたライブだったが、当日は満員となり大いに盛り上がった。今回のライブで彼は原田喧太(G)、満園庄太郎(B)、満園英二(Dr)からなるKATAMALI、そして都啓一(Key / SOPHIA)と共にパフォーマンスを披露する。イープラスでは明日8月24日12:00から9月6日18:00までチケットの先行予約を受け付ける。

江口洋介は俳優として活躍する中、1988年にシングル「ガラスのバレイ」で歌手デビュー。その後もリリースを続け、「恋をした夜は」「愛は愛で」といったヒット曲を世に送り出す。1998年にベストアルバム「Free Life The Best of YOSUKE EGUCHI 1994~1998」を発表したあとは音楽活動から遠ざかっていた。

江口洋介「シモキタからはじめよう AUTUMN」
2016年10月9日(日)東京都 下北沢GARDEN

最終更新:8月23日(火)12時22分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。