ここから本文です

ジャガー・ランドローバー、米国でリコール…タカタ製エアバッグ

レスポンス 8月23日(火)17時15分配信

英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは8月上旬、タカタ製のエアバッグに不具合があるとして、米国でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

画像:ジャガーXFとレンジローバー

今回のリコールは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)の要請を受けて行うもの。米国の顧客に対して、ディーラーへの入庫を促す案内の配信を開始している。

このリコールは、タカタ製のエアバッグインフレータの不具合が原因。インフレータの中にある火薬(硝酸アンモニウム)が、湿気のある状態で長期間の温度変化にさらされると劣化。事故の際、異常破裂するリスクが高まることが分かったために実施する。

リコールに該当するのは、ジャガーブランドが2009-2011年モデルの『XF』。ランドローバーブランドが2007‐2011年モデルの『レンジローバー』。

ジャガー・ランドローバーは対象車10万8000台のうち、まずはおよそ5万4000台をリコールする計画。同社は、「現行モデルイヤー車は、このリコールに該当しない」と説明している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月23日(火)17時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]