ここから本文です

リオ五輪競歩・荒井とカナダ人選手の絆 閉会式2ショットに感動コメント相次ぐ

デイリースポーツ 8月23日(火)12時24分配信

 リオ五輪陸上男子50キロ競歩で、日本初の銅メダルを獲得した荒井広宙と接触したとして、物議を醸したカナダ人選手のエヴァン・ダンフィーが22日、ツイッターを更新し、リオ五輪閉会式での荒井との笑顔の2ショットをアップ。これには日本人からも「お前が妨害したとかいって、マジでごめん」などのメッセージが寄せられた。

 ダンフィーと荒井はレース中、48キロ地点で接触。荒井が3位でゴールしたが「接触が妨害行為では」というカナダ側の抗議が認められ、荒井の銅は取り消された。だが日本陸連がこの裁定に抗議し、結局、荒井の銅メダルが決定。二転三転するほろ苦い試合となってしまった。

 でもそんな周囲の心配は無用だったようだ。ダンフィーは閉会式での荒井との2ショットをアップ。荒井の手にはカナダの国旗をあしらった手袋のようなものが、一方のダンフィーの手には日本の国旗があった。そして何より見逃せないのが2人の満面の笑み。「Why We Sport(我々がスポーツをする理由)」というタグを付け発信した。

 これには「ここにも新たな絆が誕生」「タグがいいな。五輪に感動する理由がここにある」「妨害したとか言ってごめん」などのコメントやツイートが寄せられていた。

最終更新:8月23日(火)17時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]