ここから本文です

チケット高額転売に反対――人気アーティストなど共同声明 「音楽の未来を奪う」と

ITmedia ニュース 8月23日(火)10時33分配信

 「音楽の未来を奪うチケット高額転売に反対します」――日本音楽制作者連盟など4団体が8月23日、嵐やMr.Childrenなど100組以上の邦楽アーティストと、「FUJI ROCK FESTIVAL」など20以上のイベントの賛同を得て、コンサートチケットの高額転売に反対する共同声明を、Webサイトなどで発表した。

【嵐など人気アーティストが賛同】

 声明では、コンサートのチケットを買い占め、価格を釣り上げて転売する「ごく少数の個人や業者」により、チケットがファンの手に渡らないことに「強い憤りを感じている」と表明。転売サイトで偽チケットが売られるなど「犯罪の温床になっている」と指摘する。

 高値のチケットによりファンが経済的損失を受け、コンサートを楽しめる回数が減ったり、グッズ購入の予算が奪われている可能性もあるとも指摘している。

 日本の音楽業界も、ファンがチケットを適正な価格で売買できるシステム作りを始めたり、ネット上のダフ屋行為を取り締まれない現行法規の改正を、政府や自治体に対して訴えている――と、業界としての努力もアピール。

 その上で、「ファンから音楽を楽しむ豊かさを奪う、この『チケット転売問題』について、皆様にもぜひ一度お考えいただきたいと思います」とし、ハッシュタグ「#転売NO」で意見と投稿するよう呼び掛けている。

 23日付けの朝日新聞・読売新聞朝刊にも意見広告を掲載しており、公式サイトからPDFでダウンロードできる。

 イベントチケットをめぐっては、行けなくなった人が正規料金で転売できるサービスや、入場時に顔認証で本人確認することで転売を防ぐ取り組みなどが一部で始まっているが、高額転売事業者を撲滅できる規模には育っていない。昨年11月にはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が転売チケットを一律で無効にすると発表し、物議をかもした。

最終更新:8月23日(火)10時33分

ITmedia ニュース