ここから本文です

【スーパーフォーミュラ第4戦】2日間で2万8500人が来場、エンジョイホンダも開催され昨年を上回る盛り上がり

レスポンス 8月23日(火)18時45分配信

8月20・21日に開催されたスーパーフォーミュラ第4戦「もてぎ2&4レース」は2日間で2万8500人を動員し、昨年を上回る盛り上がりを見せた。

[関連写真]

今回もエンジョイホンダと併催され、グランドスタンド裏のイベント広場にはホンダの最新2輪、4輪車が所狭しと展示され、特に『S660』は無限、モデューロのカスタムモデルも展示されるなど、来場者の注目も集めていた。

また決勝日にはS660のオーナーズパレードが開催され、色とりどりのS660が660台も集まりパレードを行った。

2日間とも行われたピットウォークではドライバーたちも登場しファンサービス。やはり一番人気は地元栃木県出身で、このレースはポイントリーダーとして迎えた山本尚貴。ちょうど17日にテレビ東京の狩野恵里アナウンサーと入籍報告をしたこともあり、注目を集めていた。

また来季はF1にステップアップするのではないかという噂もあるストフェル・バンドーンのサインをもらおうと集まるファンも多かった。

予選日の午前中は横殴りの雨になった他、夕方に行われたF3の第11戦の決勝直前にもゲリラ豪雨に見舞われるなど、目まぐるしく天候が変わったが、幸い決勝日は終日晴天となり、決勝日は昨年を上回る1万6500人が来場。2日間合計でも昨年を2500人上回る2万8500人の動員数となった。

今年は悪天候で途中にレースが終了してしまった第2戦岡山を除いては、昨年を上回る動員数となっているスーパーフォーミュラ。確実に認知度と注目度が上がってきているのが、現地で楽しそうに観戦しているファンをみることで感じることができた。

次回は9月10・11日に岡山国際サーキットで第5戦が開催。原則的ではあるが土・日の両日で決勝が行われる2レース制で開催される。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:8月23日(火)18時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。