ここから本文です

普通のハンコ……じゃなかった! 名前の一部にワンコが隠れている印鑑「犬のはんこ・ワン鑑」が登場!

ねとらぼ 8月23日(火)12時24分配信

 一見普通に見えるけれど、よく見たら名前の一部が「犬」のデザインになっている印鑑「犬のはんこ・ワン鑑」が、8月22日に城山博文堂(大阪市此花区)から発売されました。

【犬が隠れています】

 城山博文堂では2014年に文字の一部が猫のデザインになっている「ねこのはんこ・ニャン鑑」を発売。その際に「犬のデザインはできないのか?」という問い合わせが多かったことが、今回の犬バージョンの開発につながりました。

 動きが自由な猫に比べて犬のポーズには制限があり、デザインが難しいこともあるそう。実際の注文では、名前・犬種・デザイン希望などを聞いて相談・修正をしながら進めていきます。

 印鑑は、朱肉が不要な浸透印タイプ(3950円~)や朱肉が必要な印鑑タイプ(5120円~)などが用意されており、「認印」としての使用はどちらのタイプでも可能。印鑑タイプはほとんどの銀行で「銀行印」として登録できますが、「印鑑登録(実印)」は、一見「犬」と分からない程度のデザインならば可能なこともあるそう。注文は、「おもしろMY印鑑」犬のはんこ・ワン鑑ページで受け付けています。

※価格は全て税込

最終更新:8月23日(火)12時24分

ねとらぼ