ここから本文です

「B1A4」サンドゥル、ドラマ「雲が描いた月明かり」OSTに参加 “ジニョンを援護射撃”

WoW!Korea 8月23日(火)15時29分配信

韓国アイドルグループ「B1A4」サンドゥルがジニョンの援護射撃に乗り出した。

 所属事務所WMエンターテインメントは23日「去る22日に初放送されたKBS月火ドラマ『雲が描いた月明かり』のエンディング曲がサンドゥル(B1A4)が歌った歌」と明かした。

B1A4のプロフィールと写真

 サンドゥルの「雲が描いた月明かり」OST(オリジナル・サウンド・トラック)合流はユンソン役で出演中の「B1A4」リーダー、ジニョンのために決めたもの。このためにサンドゥルは最近、極秘裏にOSTのレコーディングを終えた。初放送で伝えられた歌で、サンドゥルだけのすっきりとしていて誠意のある音色と共に、軽快ながらも爽やかなメロディーラインが調和を成しており、ドラマへの没入度を加えている。

 サンドゥルの脱アイドル級の歌の実力はすでに定評がある。MBC「覆面歌王」を通じて、歌唱力を披露した彼はMBC「デュエット歌謡祭」を通じて4連勝という新しい歴史を作り、“王中王戦”優勝を手にした。次世代ボーカリストとして注目されているサンドゥルの誠実で訴える力の濃い声は老若男女を問わず、感動を与えて話題を集めた。

 一方、サンドゥルが歌った歌のOST音源発売の計画はまだ具体的に伝えられていない状態で、ファンからの爆発的な音源発売要請を受けている状況だ。

最終更新:8月23日(火)15時29分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。