ここから本文です

「真田丸」振り返り4コマ(8月21日放送分『動乱』)

ねとらぼ 8月23日(火)12時35分配信

 自称プロの真田幸村ファン、みかめです。

 NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ、今回は第33話の「動乱」から。

【今回注目すべき人物は大谷吉継!】

 家康を豊臣政権から廃するため、徳川屋敷に討ち入りをしようとする三成。

 しかし家康家臣・本多正信はこの情報を聞きつけ、三成討ち入りを逆手に取り、いざというとき誰が徳川家に尽くすか確かめる判断材料にします。

 そして多くの武将が自分の下に集まったことで家康がようやく天下取りを決意。家康が腹を決めたときの、本多正信のうれしそうな顔が印象的でしたね。

 一方の三成。家康を討つと腹を決めたはいいものの、味方してくれる人はごく一部のみ。秀吉の遺言にかたくなになるあまり、引くに引けない状況に陥ります。

 そんな三成を止めるにはどうしたらいいのか!? 信繁が取った行動は……

困ったときの昌幸頼み!

 小田原の陣における忍城攻め以降、三成は昌幸を軍略の師匠と仰いでいます。そんな昌幸に見放されたら戦意喪失するに違いありません。

 というわけで三成を助けるために家康陣営に入り込んだ昌幸。血気にはやる若造をまとめ軍議を仕切るついでに、家康暗殺の件もちゃっかりはぐらかしてしまいます。さすがの謀略。一粒で二度おいしい。三成も昌幸を師と仰ぐなら、こういうところを見習わなくちゃ!

 さて、今回取り上げる書籍は「白頭の人」です。

 今回注目すべき人物は大谷吉継。友として、石田三成の行動をいさめつつ、徳川の屋敷に入り、「私は秀頼様の家臣である」と釘を刺しました。片岡愛之助の歌舞伎調の語り口もグッときましたね。名将に相応しい彼ですが、実は詳細な史料が残っておらず謎に包まれた人物でもあります。だからこそ創作のしがいがあるというもの。「軍配者」シリーズの富樫倫太郎によって描かれた等身大の大谷吉継。大河とともにいかがでしょうか?

 「真田丸」振り返り4コマは毎週火曜日更新する予定です。次回もどうぞお楽しみに!

最終更新:8月23日(火)12時35分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。