ここから本文です

ソウルのモバイル通信速度「世界1位」 東京の約2倍

聯合ニュース 8月23日(火)16時8分配信

【ソウル聯合ニュース】モバイルネットワークの性能分析を手掛ける米ルートメトリックスは23日、ソウルで韓国市場進出に関する懇談会を開き、ソウル、東京、パリ、ロンドン、ダブリン、マドリード、ニューヨークの主要7都市のうち、モバイルインターネットのダウンロード速度はソウルが毎秒74.7メガビット(Mbps)で最も速かったとする自社測定結果を明らかにした。2位のマドリード(44.6Mbps)とは大きな開きがあり、3位の東京(39.0Mbps)に比べると2倍近く速い。

 4位以下はロンドン(29.8Mbps)、パリ(29.7Mbps)、ダブリン(28.7Mbps)、ニューヨーク(23.7Mbps)の順。

 ルートメトリックスの幹部は「ソウルはインターネット速度が世界1位レベル。ソウルのネットワーク性能はアジアだけでなく全世界の主要都市に新たなスタンダードを提示している」と評価した。

 また、SKテレコムとKT、LGユープラスの韓国通信大手3社は、全般的な性能、ネットワーク信頼度、ネットワーク速度、データ性能、通話性能、ショートメッセージ性能の6項目でそれぞれ100点または100点に近い評価を獲得した。

最終更新:8月23日(火)19時20分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。