ここから本文です

西島大介「ぼうやがいっぱい」展、公開制作&土屋誠一とのトークショーも

コミックナタリー 8月23日(火)15時30分配信

西島大介による新作ペインティングの展示・販売イベント「ぼうやがいっぱい/So Many Boys」が、東京ワタリウム美術館ミュージアムショップのオン・サンデーズにて開催される。会期は8月26日から9月25日。本日8月23日から25日にかけてはプレオープン企画として、各日19時より公開制作も実施される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベント名の「ぼうやがいっぱい」は静岡・ヴァンジ彫刻庭園美術館にて開催中の企画展「生きとし生けるもの」にて発表された、300点ものピースからなる大作から取られた。「群体としての作品」というコンセプトを発展させる試みで、本展は「ぼうやがいっぱい」の別バージョンを見せるサテライト展示という趣向になっている。

会場では公開制作分を含む新作絵画100点以上を初公開し、オリジナルグッズも販売。また画集「The ART of Dien Bien Phu」からセレクトされた「ディエンビエンフー」の原画と設定資料も展示する。9月17日には、美術批評家の土屋誠一と「止めろといわれても止められないところまで来ているので、突破する」のタイトルでトークイベントも。参加費は1500円で、申し込みはオン・サンデーズがメールと電話で受付中。

なお西島は地元・広島でも、9月11日にREADAN DEATにて「ディエンビエンフー・ナイト」を開催。当日はハードコアパンクバンド・Origin of Mのガイを対談相手に招いてトークし、2007年にDJまほうつかい名義で制作した「ディエンビエンフー」のサウンドトラックをライブで再現する。料金は1000円。同店にて「The ART of Dien Bien Phu」を購入した人は参加無料になる。こちらの予約はイベントページにて受け付けている。

ぼうやがいっぱい/So Many Boys
会期:2016年8月26日(金)~9月25日(日)会場:オン・サンデーズ(東京ワタリウム美術館ミュージアムショップ)電話:03-3470-1424

ディエンビエンフー・ナイト
日時:2016年9月11日(日)18:00~20:00会場:READAN DEAT料金:1000円※同店で対象商品を購入した人は無料

最終更新:8月23日(火)15時30分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。