ここから本文です

【栗東通信】キーンランドCで逃げる馬は?

デイリースポーツ 8月23日(火)16時48分配信

 06年から重賞に格上げされたキーンランドC(28日・札幌)。過去10年で4コーナー2番手以内の馬が6勝を挙げており、小回りらしく先行馬有利なレースでもある。過去、フルゲートを割ったのは12年だけで、この時の勝ち馬はパドトロワ。ハナを奪って逃げ切った。フルゲートに満たない(14頭・23日現在)今年も逃げ馬には注意が必要だ。

 ただ、重賞Vが逃げ切りのアクティブミノルはここ2走のように、ハナを主張しない構え。同馬を担当する中村助手からは「何が逃げるんですかね?」と逆取材されたが、函館で取材にあたる当方は明確な返答ができなかった(函館在厩馬は6頭から「逃げる」という話は聞いていないので…)。

 札幌在厩馬のセカンドテーブル?レッツゴードンキ?それともソルヴェイグか?取材場所を札幌に移してから探るとしよう。(井上達也)

最終更新:8月23日(火)16時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]