ここから本文です

【先出し週刊ファミ通】祝発売! SIE吉田修平氏や飯田和敏氏が『No Man’s Sky』の宇宙を語る(2016年8月25日発売号)

ファミ通.com 8月23日(火)20時7分配信

●クリエイター、パブリッシャー、プレイヤー。3つの視点の特別寄稿から本作の魅力を知る。
 週刊ファミ通2016年9月8日号(2016年8月25日発売)では、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIE)から2016年8月25日に発売されたプレイステーション4用ソフト『No Man’s Sky』の発売記念特集を掲載。本作は、少人数のインディースタジオ“Hello Games”が制作した、1800京(!)個以上もの惑星を旅する広大なオープンワールドとして世界中から注目されている作品です。
 今回の『No Man’s Sky』の特集では、宇宙を旅する際に知っておくと役立つポイントをまとめて紹介しています。

 さらに、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールド・ワイドスタジオのプレジデントである吉田修平氏や、プレイステーション用ソフト『アクアノートの休日』の作者としても知られる立命館大学教授の飯田和敏氏からの特別寄稿も掲載。加えて、編集担当とライターのインプレッションも。まるで宇宙を再現するかのような壮大な試みを持った本作の魅力に、多角的に掘り下げていきます!

 詳細は、週刊ファミ通2016年9月8日号(2016年8月25日発売)でご確認ください。

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER

No Man's Sky
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
対応機種:プレイステーション4
発売日:2016年8月25日発売
価格:5900円[税抜](6372円[税込])
ジャンル:アクション・アドベンチャー

最終更新:8月25日(木)3時9分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。