ここから本文です

”傷心のエース”ソン・フンミン、残された道は「名誉挽回」のみ

WoW!Korea 8/23(火) 17:22配信

来る9月1日と6日に試合を控えるウリ・シュティーリケ監督率いる韓国サッカー代表のメンバーが22日、発表された。

ウリ・シュティーリケの紹介と写真

 中国、シリア、ウズベキスタン、イラン、カタールと共にA組に編成された韓国は、まずホームで中国と対戦した後、レバノンに移動してシリア戦に臨む。

 今回、エース=ソン・フンミン(24、トッテナム)の合流について、シュティーリケ監督は組織性を強調した。現段階でソン・フンミンは中国戦にのみ出場予定だ。所属チームであるトッテナムと協議の末、中国戦に出場した後、すぐにチーム復帰が条件となったのだ。

 ソン・フンミンは、ブラジルの地で2度目の涙を流した。彼にとって、中国戦は、名誉挽回する絶好の機会といえる。

 去るリオ五輪では、”ありえない”ミスで自ら勝利を逃してしまった。自身のプレーを悔やみ、また敗戦のショックから立ち直れないでいるソン・フンミン。シュティーリケ監督は「彼(ソン・フンミン)が多くの非難を浴びているのは知っている。ホンジュラス戦で彼のパスミスが試合結果を決定づけてしまったのも事実。しかし、私の考えは違う」とし、「五輪代表チームとは異なるA代表チームで、彼と共に戦いたい。全選手にチャンスを与えられるわけではないが、ソン・フンミンは必ずやってくれるだろう」と断言した。

 シュティーリケ監督が寄せる信頼は、想像以上に大きい。この期待に応え、傷心から立ち直ることができるのか、ソン・フンミンのプレーに大きな関心が集まっている。

最終更新:8/23(火) 17:22

WoW!Korea