ここから本文です

『Tree of Savior』ゲームクライアントのダウンロードとキャラ先行作成がスタート、OBT開始まであと1日!

ファミ通.com 8月23日(火)20時56分配信

●オープンβテストは2016年8月24日スタート!
 2016年8月23日、ネクソンはPC用MMORPG『Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)』(以下、『ToS』)のオープンβテスト開始に伴い、ゲームクライアントの先行ダウンロードを開始した。同時に、チームやキャラクターの先行作成が可能な事前公開が始まっている。

 以下、リリースより。

----------

 事前公開では、公開期間中OBT用クライアントを起動することが可能となり、ログイン後サーバーを選択しバラックまで進むことで、チーム名の設定とキャラクターの作成が可能です。「ライマ」「ジェミナ」「ヴァカリネ」の3サーバーから選択し、事前にチーム名の決定と使用キャラクターの作成まで進めておきますと、OBT開始後はスムーズにゲームプレイいただけますので、この機会にご利用いただけますと幸いです。

 なお、事前にバラックへ接続するためにはクライアントのインストールが必要ですが、こちらはすでに『ToS』公式サイトにてダウンロードURLが先行公開されております。また、8月24日の詳細なスケジュールも告知されておりますので、ぜひご確認のうえOBTへご参加ください。

 『ToS』では、今後も新着ゲーム情報やプロモーション関連情報をリリースして参ります。どうぞご期待下さい。

■ゲームクライアントダウンロード開始

2016年8月24日(水)に開始されますオープンベータテスト(OBT)に先立ち、クライアントダウンロードを事前に開始いたしました。

【インストーラーURL】
→こちら

※インストーラーは分割ファイル形式となっており、合計で約8.1GBでございます。
 ドライブの空き容量にご注意ください。
 また、過去のテストで使用された「Tree of Savior」クライアントがまだ残っている場合は、お手数ですが一度アンインストールした後、改めてOBT用クライアントのインストールをお願いいたします。
 なお、インストールが途中で停止してしまった場合は、「キャンセル」ボタンを押下、もしくはタスクマネージャーからインストーラーを一度停止していただき、再度インストーラーを起動してください。


■オープンベータテスト(OBT)開始までのスケジュール

【スケジュール】
8月19日(金)19:00     OBTクライアント先行公開
8月23日(火)15:00     事前公開
8月24日(水)11:00~15:00  OBT準備メンテナンス
      15:00     公式サイトOBTリニューアル/OBT開始

【サーバー設定】
事前公開およびOBT開始時のサーバーは、以下のとおりです。

・ライマ
・ジェミナ
・ヴァカリネ
(計3サーバー)

各サーバーのデータはそれぞれ独立しておりますので、チームやキャラクター、アイテムなどの移動や共有はできません。ご注意ください。
(ただし、一部コンテンツにおいてはサーバーの枠を超えて共闘・対戦が可能な要素がございます)

【事前公開について】
 「事前公開」ではゲームプレイはできませんが、チーム名の設定とキャラクターの作成が可能です。
 事前にキャラクター作成までを進めておくことで、OBTが開始時にスムーズにゲームプレイをお楽しみいただけます。
 なお、名前設定につきましては、以下のような制限がございます。

・チーム名
サーバーにおけるアカウントに紐付いた名前です。
キャラクターを変えてもチーム名は変わりません。
ほかのチームと同じチーム名を設定することはできません。
同アカウント内でサーバーごとに違うチーム名を設定することは可能です。
文字数は2文字以上、半角16文字、全角8文字までです。
※OBT期間中の変更はできません。

・キャラクター名
チーム内に複数作成可能なキャラクターの名前です。
ほかのチームと同じ名前を重複して設定できますが、同じチーム内で同じ名前にすることはできません。
文字数は2文字以上、半角16文字、全角8文字までです。
※OBT期間中の変更はできません。

・ギルド名
ソードマン系クラス「テンプラー」が設立可能なギルドの名前です。
ギルドに所属していないときは表示されません。

・パーティー名
パーティーの名前です。パーティーを組んでいないときは表示されません。

※それぞれ使用可能な文字列は、
「半角英数字」「全角ひらがな」「全角カタカナ」「常用漢字」です。
記号は使えませんが、「-」「_」は対象名前内でどちらか1つを1回のみ使用可能です。

最終更新:8月23日(火)20時56分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。