ここから本文です

【キーンランドC・火曜追い】シュウジ メイチの仕上げで大差先着「今回は勝ちを取りにいく」と須貝調教師

東スポWeb 8月23日(火)21時18分配信

【キーンランドC(日曜=28日、札幌芝1200メートル)注目馬23日火曜追い切り:函館競馬場】「今回は勝ちを取りにいく。メイチの仕上げをしてますから」

 須貝調教師の宣言通りの動きを雨でぬかるむウッドで見せたのがシュウジだ。2馬身先行するアドマイヤゴッド(古馬1000万下)を目標にスタート。圧巻は徐々にピッチを上げて内に潜った直線の攻防。抜群の反応で並ぶ間もなく標的をかわすと、ゴール板では実に1・4秒の大差をつけてみせた(5ハロン66・4―12・3秒)。

 須貝調教師「相手も走る馬。しかも(体重の)軽い騎手を乗せてこの差やからな。ファルコンS(12着)は不良馬場で負けたが、あの時は転厩初戦で調整の違いに馬が戸惑っていた面もあった。この走りなら雨馬場も問題ない。函館スプリントS(2着)は競馬に勝って勝負に負けた感じ。いかにもスプリンターという走りだし、今回は鞍上モレイラで違う面が見れるかも」

最終更新:8月23日(火)21時24分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]