ここから本文です

Linuxが誕生25周年、24日にはリーナス・トーバルズ氏が基調講演

ITmedia ニュース 8月23日(火)15時22分配信

 UNIX互換のOSカーネル「Linux」が今年で誕生25周年を迎える。開発者であるリーナス・トーバルズ氏がリリースを告知したのは1991年8月25日だった。

【その他の画像】

 当時、フィンランドのヘルシンキ大学の大学院生だったトーバルス氏は「(フリーの)OSを作ってみた(ただの趣味だし、GNUみたいに大規模なプロフェッショナルなものにはならないと思う)」としていたが、Linuxの普及を支援する非営利団体Linux Foundationによると、11年前から累計で1300社以上の企業の1万3500人以上の開発者がLinuxカーネルに貢献する大規模なOSに成長した。

 Linux Foundationは8月22日(現地時間)からカナダのトロントでLinuxの開発者会議LINUXCONを開催している。エグゼクティブディレクターを務めるジム・ゼムリン氏は同日の基調講演で、Linuxは史上最も成功したソフトウェアプロジェクトであり、25周年は重要な節目だと語った。同氏によると、毎日1万800行のコードが追加され、5300行が削除され、1875行が修正されているという。同氏はまた、LINUXCON会場で24日夜、ブラックタイ(正装)での祝賀会を開催すると語った。イベント概要では、(マスコットのペンギンTuxに敬意を表して)タキシードの着用が推奨されている。

 同日、トーバルス氏はLinuxカーネル4.8の3回めのRC(リリース候補)をリリースした。同氏は24日の午前9時(日本時間の同日午後10時)に開始の基調講演に登壇する。ライブストリーミングを視聴するにはこちらでの登録が必要だ。

最終更新:8月23日(火)15時22分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]