ここから本文です

阪神 初回にDeNAから5点を先制、打者11人の猛攻

デイリースポーツ 8月23日(火)18時38分配信

 「DeNA-阪神」(23日、横浜スタジアム)

 阪神が初回、11人攻撃で5点を先制した。

 1番上本が井納の初球を捉えて左前打で出塁すると1死後、高山の右前打、福留の四球で満塁。5番原口が左前へ先制打を放った。さらに、中谷の二塁打、今成の左犠飛、坂本の二塁打で4点を追加。CS進出を争う3位・DeNAとの直接対決で主導権を握った。



 原口は「初回のチャンスだったので、なんとかしてランナーをかえそうと思って打席に入りました。外のボール気味のフォークでしたが、上手く壁を作ることができたので、いいところに打球を飛ばすことができたんだと思います」とコメント。

 中谷は「打ったのはスライダー。打った瞬間は、タッチアップして最低でも点は入るなと思ったのですが、予想以上に打球が伸びてくれました」と談話を寄せた。

 また、今成は「打ったのはストレート。チャンスだったのでどんどん積極的にいこうと思っていました。ヒットが続いていた中だったので『最低限の仕事』という感じでしたが、ランナーをかえすことができてよかったです」とコメント。

 坂本は「打ったのはストレート。最近は積極的にいけずに結果が出ていなかったので、追い込まれる前に打ちにいこうと思っていました。ピッチャーのために1点でも多く取りたいですし、ランナーをかえすバッティングができてよかったです」と球団広報を通じて話した。

最終更新:8月23日(火)19時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]