ここから本文です

【新潟2歳S】激走牝馬の歴史が証明! チシャーキャットに十分な「穴馬の資格」

東スポWeb 8月23日(火)21時40分配信

【新潟2歳S(日曜=28日、新潟芝外1600メートル)dodo馬券】夏競馬もフィナーレまで残すところ2週。日曜の新潟ではGIII新潟2歳Sがメーンに組まれている。例年よりも際立った「切れ者」が少ない印象の今年は、人気薄でデビュー戦をモノにした、とある牝馬に注目したい。その名はチシャーキャット。同レースの歴史を踏まえれば穴馬としての資格は十分に備えている。

「別に構わないけど人気なさ過ぎ。どんだけ?」と、小桧山調教師も苦笑いで振り返った8月7日の新潟・新馬戦(芝内回り1400メートル)。チシャーキャットの14番人気の単勝万馬券(1万860円)に場内はざわめいた。

 新潟2歳Sは「切れる馬が勝つ」というのが一般のイメージだろう。実際に過去10年の勝ち馬のうち、8頭は前走で最速の上がりをマークしている。しかし、2007年エフティマイア、09年シンメイフジ、10年マイネイサベル、13年ハープスターと「牝馬」が勝利した4回に注目すると、ある共通点がある。

 前走1400メートルからの距離延長組であること。勝った牡馬のうち5頭がマイル出走なのに対し、牝馬好走はこのパターンだ。付け加えればエフティマイア、マイネイサベルは、前走で最速上がりではなかった。短距離カテゴリーの1400メートルなら必ずしも決め手がすべてではない。だからこそ、前走で最速上がりをマークできず=新潟2歳S向きではないという論法は早計だ。この距離延長が盲点になっている。

 ちなみに近10年で前走から距離延長で新潟2歳Sを連対した馬は9頭。人気は4→16→15→1→9→10→4→10→1。2桁人気馬が4頭もいるのは特筆できる。

 チシャーキャットはその例に重なる存在だ。勝ち時計1分22秒7は時計的に水準としても、ペースの違いはあれど、前日のダリア賞より0秒7速い。前の3頭が飛ばすハイペース。その離れた4番手でスッと流れに乗った同馬。厳しい流れを克服し、最後までしっかりと脚を伸ばしてゴールした。

 担当の梅沢助手は「確かにデビュー直前の追い切りは動いたが、併せた相手が相手(着外ばかりの3歳未勝利)なので半信半疑だった。中間は小柄な馬体の維持に努めている。正直、未知数だらけ。でも、走っている時だけは本当に真面目。普段は物見などしても、キャンターに行くとすごくいい。意外性を持った馬かもしれない」。終始控えめながらも、その可能性を示唆した。

 折り合いの不安がなく、いい位置を取れるセンスの良さ。決してスピードで押し切った内容ではないデビュー戦。マイルの流れで脚をためればどれだけはじけるのか…。ここも人気の盲点になりそう。物語(※注)のチェシャ猫のように馬も笑う? 不敵な笑みとともにゴール板を駆け抜けるかもしれない。

※注=チシャーキャット(馬名)ルイス・キャロル(英)の小説「不思議の国のアリス」に登場する猫の名(チェシャ猫)。作中でのニヤニヤとした笑いが有名。高配当を演出した初戦がまさに人の裏をかく所業。今回はまたひと味違う競馬で魅せるか。

最終更新:8月23日(火)22時45分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]