ここから本文です

韓国外相「韓中日外相会談を重要な時期に開催」

聯合ニュース 8/23(火) 21:54配信

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は23日、東京であす開催される韓中日外相会談について「時期的に非常に重要なときに開催される」との見解を示した。東京に向け出発する前に金浦空港で記者団に語った。

 尹長官はその理由について「来週末から始まる東アジアでの一連の首脳会議に先立ち開かれるだけでなく、韓中、韓日、日中間や東アジア諸国のさまざまな挑戦がある中で開催されるため」と述べた。

 「さまざまな挑戦」と述べたのは、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備問題で韓中関係がぎくしゃくしていることや、尖閣諸島をめぐる日中の対立などを意識したものとみられる。

 尹長官は「今回の会議の最も重要な目的は年内に3カ国首脳会談を開き、昨年われわれが議長国として正常化させた首脳会談の体制を持続可能なものにすることだ」と述べた。

 その上で「外相会談と首脳会談を通じ、3カ国間の協力を強化するだけでなく、3カ国が重視する北の核やミサイルの脅威への共同対処をどのように行うかについて協議する」と強調した。

最終更新:8/23(火) 21:58

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。