ここから本文です

妻夫木聡×綾野剛が婦人公論の表紙に、池松壮亮、神木隆之介、斎藤工らも登場

映画ナタリー 8月23日(火)18時39分配信

本日8月23日発売の女性誌・婦人公論の表紙に、「怒り」の公開を9月17日に控える妻夫木聡と綾野剛が登場している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同誌では妻夫木と綾野のグラビアやインタビューのほか、池松壮亮、神木隆之介、斎藤工と旬の俳優たちがページを彩る特集「いま、惹かれる男たち」を展開。そのほか若尾文子の指名によって実現した向井理との対談や、草刈正雄がNHK大河ドラマ「真田丸」や自身の俳優人生、家族などについて語る記事も掲載されている。

最終更新:8月23日(火)18時39分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。