ここから本文です

高畑容疑者 TVで「僕、性欲が強くて」「下ネタ好き」と明かしていた

デイリースポーツ 8月23日(火)20時39分配信

 俳優・高畑裕太(22)が23日、前橋市内のホテルで40代の従業員女性に性的暴行を加えるなどし、強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕された。女優・高畑淳子の長男で天然キャラや奔放キャラでバラエティー番組にも数多く出演していたが、昨年8月、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演した際、「僕、性欲が強くて」などと下ネタを連発し、坂上忍らをあきれさせていた。

 当時、NHKの連続テレビ小説「まれ」に出演中だった高畑容疑者。「ダウンタウンなう」では、ダウンタウン、坂上という芸能界の大御所を前にタメ口まじりのトークを展開した上、「紫綬褒章を取りたい」などの奔放発言を続けた。

 途中、坂上は「オレ、親だったら絶対ブン殴ってる」と怒りモードに。松本人志も「初めてCMにいってほしい、と思った」「だいぶクセありますね」と手を焼き、高畑容疑者が「(ダウンタウンの)お2人に相談が」と口にしても、松本は「ぼく、あんまり君としゃべりたくない」と苦笑した。

 めげない高畑容疑者は、ダウンタウンに「僕、性欲が強くて、あんまりしゃべったことない人にも『おっぱい』とか言いたくなっちゃう。下ネタも好き」とあっけらかんと話すと、坂上は「話聞いてると、こいつ全身ちん○こみたいな…」とあきれ顔。そこで“ピー音”が入り、CMに切り替わった。ネット上では“放送事故?”と波紋が広がる放送だった。

最終更新:8月24日(水)9時32分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。