ここから本文です

巨人・脇谷がサヨナラアーチ 広島マジック点灯阻止

デイリースポーツ 8月23日(火)21時15分配信

 「巨人1-0広島」(23日、東京ドーム)

 巨人が脇谷のサヨナラアーチで広島のマジック点灯を阻止した。

 0-0で迎えた延長十回、広島の2番手・ジャクソンの高目のストレートをたたくと、右翼席に飛び込む今季初アーチとなった。

 自身初のサヨナラアーチを放った脇谷はヒーローインタビューで「ビックリしました。サイコーの気持ちです」と喜んだ。「どんな気持ちで打席に入った?覚えてないです。投手陣がすごい気迫で投げていたので、野手陣も何とか応えたいという思いで、僕も打席に入りました」と振り返った。

 負ければ広島にマジック「20」が点灯する一戦での劇勝。「きょうはみんながひとつになっていると思います。カープとはまだ差はありますけど、あしたが大事になるんであしたも頑張りたい」と気合を込めていた。

 巨人は先発・マイコラスが7回無失点の抑えたのをはじめ投手陣が好投。3番手の沢村が4勝目を挙げた。

 広島は四回の無死一、三塁、五回の1死二、三塁など、再三の好機を拙攻でつぶした。先発・ジョンソンは九回を無失点に抑える好投を見せたが、報われなかった。

最終更新:8月23日(火)21時39分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。