ここから本文です

楽天ラッキー1勝、梨田監督は得意のダジャレで菊池を称賛

デイリースポーツ 8月23日(火)23時7分配信

 「ソフトバンク2-3楽天」(23日、ヤフオクドーム)

 楽天はラッキーな安打が決勝点となった。同点の九回2死満塁。島内の打球に反応したサファテが、まさかの転倒。転々とする間に、思わぬ形で適時二塁内野安打となり、三走・今江を迎え入れた。

 島内は「もっといいヒットを打ちたかったけど、前に飛ばせばいいことが起きると思った」と笑顔。この日はチーム全体にツキがあった。四回には、銀次の打球が佐藤二塁塁審に直撃し内野安打となり、先制点につながるなど、逆転CSへ望みをつなぐチームが、運を味方につけた。

 また、投げては今季初登板の菊池が、5回無失点。菊池に勝敗はつかなかったが、梨田監督は「ボールが重く、球速は140キロ前後だったけど、体重がボールにしっかり乗って、向こうの打線のタイミングも合っていなかった」と評価。「ただ球数が多くなってしまったね。100球くらいで玄界灘(限界)になってしまって。(玄界灘は)すぐそこにあるけどね」と、指揮官は得意のダジャレで締めくくっていた。

最終更新:8月23日(火)23時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報