ここから本文です

ニコン、DXフォーマット対応の沈胴式標準ズームと4.3倍望遠ズームを発表

ITmedia LifeStyle 8月23日(火)23時11分配信

 ニコンイメージングジャパンが8月23日、NIKKORレンズとしては初めて、AF駆動用モーターにステッピングモーターを採用した「AF-P」シリーズの標準ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と、望遠ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」を発表した。9月16日に発売する。希望小売価格はAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRが3万7500円(税別)、AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRが4万7500円(税別)。

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

●AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

 AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRは、35mm判換算で27mmから82.5mmの焦点距離をカバーする約3.1倍の標準ズームレンズ。沈胴機構になっており、小型・軽量ながら高い光学性能を実現しているという。CIPA規格で4段分の効果を持つ手ブレ補正機構を搭載する。小型のデジタル一眼レフカメラ「D3400」と組み合わせるのに適したレンズとして開発された。

●AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

 AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRは、35mm判換算で105mmから450mm相当の画角をカバーする約4.3倍望遠ズーム。開放F値は4.5~6.3と明るくはないが、EDレンズを採用して高い光学性能を実現。CIPA規格で4段分の効果の手ブレ補正機構を備える。D3400のダブルズームキットでキットレンズとして採用されているもので、携行性の高い、リーズナブルな価格のズームレンズとなっている。

最終更新:8月23日(火)23時11分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]