ここから本文です

忘れらんねえよ、MV出演エキストラ募集&“予告動画”公開

音楽ナタリー 8月23日(火)22時0分配信

忘れらんねえよがエキストラを募集している。

忘れらんねえよは10月5日にミニアルバム「俺よ届け」をリリース。今回、バンドはこの作品に収録される楽曲のMVに出演するエキストラを募集している。応募要項はバンドの公式サイトで確認しよう。またバンドはエキストラ募集と同時に、ミニアルバム収録の新曲「俺の中のドラゴン」のミュージックビデオの“予告動画”をYouTubeで公開している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

なおミニアルバム「俺よ届け」は5曲構成。「俺の中のドラゴン」のほか、映画「何者」の挿入歌に採用されている表題曲や、映画「うつくしいひと」の主題歌として書き下ろされた同名の新曲などが収められる。

忘れらんねえよ「俺よ届け」収録曲
・俺よ届け・眠れぬ夜は君の名をググるよ・俺の中のドラゴン・まだ知らない世界・うつくしいひと

忘れらんねえよZeppワンマン「僕とあなたとあんたとお前のデカいステージ」
2016年10月9日(日)東京都 Zepp DiverCity TOKYO

最終更新:8月23日(火)22時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。