ここから本文です

【F1】アロンソ、ベルギーGPでのマクラーレンに自信

ISM 8月23日(火)14時6分配信

 フェルナンド・アロンソは、マクラーレンのMP4-31がベルギーGPの開催地、スパ・フランコルシャンサーキットに合わないことを認める一方で、チームがポイントを獲得することを期待している。

 マクラーレンにとって、昨年のベルギーGPは最も成績が振るわなかったレースの1つで、ジェンソン・バトンとアロンソは予選Q1で脱落。レースでも周回遅れにされ、マノーの2台を上回るのが精一杯だった。

 エンジンパートナーのホンダは今シーズン、顕著な進歩を遂げており、特にERSの改善によりチームは12レース中6レースでポイントを獲得している。

 現実的なアロンソだが、それでもいい流れが今週末も続くことを期待している。

 アロンソは「(スパでは)強力なパッケージが必要なんだ。パフォーマンスと信頼性の面でね」

 「ラップの70%以上がフルスロットルで、それが試練になるだろう」

 「でも、ここ最近のレースでは、数字上、僕たちにとって厳しいはずのサーキットでも進歩していることを証明しているし、ライバルたちと比較した際の自分たちのパフォーマンスレベルに自分たちが驚いている」

 「本拠地のデータとトラックのクルマとの間の相互関係がいいから、(ここ最近のレースでの)勢いが続くことを期待しているし、週末を最大限に生かしたい」

 「スパはいつも厳しい挑戦だけど、全ての要素をまとめることができれば、ポジティブな週末を楽しむことができる」

 「楽なレースにはならないと思うけれど、いつものように、できる限りの力でポイント獲得に向けてプッシュするよ」と語った。(情報提供:GP Update)

最終更新:8月23日(火)14時6分

ISM

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。