ここから本文です

Sexy Zone中島健人、らいおんハート熱唱「大切な歌」

オリコン 8月23日(火)19時35分配信

 アイドルグループ・Sexy Zoneの中島健人(22)が23日、東京ドームシティホールにてソロコンサート『Johnnys’s Summer Paradise 2016 中島健人公演「♯Honey(ハート)Butterfly』を開催した。ピアノの弾き語りコーナーでは当初の予定を変更し、SMAPの「らいおんハート」を熱唱。解散についてのコメントはなかったものの「自分にとっての大切な歌」と紹介し、先輩への想いを込めた中島の歌声に、会場はしっとりと聴き入った。

 開演前には盛り上がったリオ五輪にかけて「金メダルのようなコンサートにしたい」と堂々宣言。「僕というバタフライがお腹いっぱいになるまで(蜜を)吸いつくします!Jr.と一緒に鱗粉を撒き散らしたい」とやる気をにじませた。

 KinKi Kidsの「Bonnie Butterfly」など先輩のカバー曲も披露したが、堂本光一から“後継者”に指名されている中島は「緊張します。光一くんこそ“ザ・王子”なので、そんな方に言われたら自分はどうしたらいいんだろうと逆に迷います」と恐縮。「自分は100%王子だと思ってないし…正直、なにか言ってウケないときとか『あれ、ズレてるのかな?』って」と苦笑していた。

 同コンサートでは自分を“蝶”、ファンを“蜜”に見立てた演出や衣装、セットなど独自の世界観で魅了。客席に椅子を持ち込んでファンの“超至近距離”で歌唱したり「きょうはたっぷりハニーのこと、愛してやるから」「お前は俺だけをみつめてればいいんだよ」などあま~いセリフも炸裂するなど“ケンティワールド”で会場中をとりこにした。

 8月3日~5日まで開催された前半とあわせ、25日まで6日間計9公演で約2万1600人を動員予定。終盤のあいさつでは「このステージに立てることが、当たり前ではない本当に幸せなことだと、みなさんと共有することで改めて感じています」としみじみ。「ハニーが俺のことみつめてれば幸せだし、俺はずっとハニーのこと見つめているよ?」と最後もらしさ全開で締めくくっていた。

最終更新:8月26日(金)7時8分

オリコン