ここから本文です

三吉彩花ら、後輩の新モデルに助言 毎年恒例『Seventeen』イベントに3000人

オリコン 8月23日(火)18時53分配信

 集英社のティーン誌『Seventeen』の読者招待イベント『Seventeen夏の学園祭 2016』が23日、パシフィコ横浜国立大ホールで開催され、専属モデルの広瀬すず、三吉彩花、中条あやみらが登場した。

【個別ショット】『ミスセブンティーン2016』にポカリCMガール八木、ロシア出身・木内舞留ら

 イベント内では同誌の新モデルとなる『ミスセブンティーン2016』がお披露目され、木内舞留(きうち・まる 14)、杉本愛里(すぎもと・あいり 15)、田鍋梨々花(たなべ・りりか 12)、南乃彩希(みなみの・さき 17)、八木莉可子(やぎ・りかこ 15)の5人が初ランウェイに臨んだ。

 5人の晴れ舞台を見守っていた中条は、「ランウェイの後、泣いていた。私も初めての時に泣いた」としみじみで、三吉も「昔を思い出しました。私も(初めてのランウェイは)すごいガチガチで顔が引きつっていました」と振り返った。広瀬は「自信満々な姿を見て勇気もらった。頑張れ、頑張れって言いました」と明かした。

 後輩へのアドバイスを求められると中条は「カメラの前のポージングは練習した方がいい」といい、三吉は「先輩に甘えてほしい」と訴えた。新モデルの5人にあこがれのモデルを聞くと5人中3人は中条を挙げた。「気を遣っている」と恐縮したが、中条は「頑張ってきてよかったな」とうれしそうにほほ笑んだ。

 今年で20回目となった同イベントには、セブンティーンモデルのほか、千葉雄大、中川大志、吉沢亮、志尊淳、竜星涼、佐野岳、TAKUMI(DISH//)、上遠野太洸、山本涼介、横浜流星、中尾暢樹、りゅうちぇるも登場し、ファン3000人から大歓声を受けた。そのほか、6人組ボーカルグループのLittle Glee Monsterのライブも行われ、司会のお笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズも持ちネタで会場を盛り上げた。

最終更新:8月23日(火)19時53分

オリコン