ここから本文です

リオ五輪閉会式、ブラジルらしく華やかに

MEGABRASIL 8月23日(火)21時30分配信

ブラジルの多様性と異文化協調をダンスや音楽で表現

8月21日(日)、リオデジャネイロのマラカナンスタジアムでオリンピック閉会式が行われ、大盛況のうちにリオデジャネイロ・オリンピック2016が閉幕した。

事前に報道にあったとおり、いやそれ以上に、人々の心を揺さぶる内容だったように思う。

日頃から祭り事や人々のおもてなしが好きなカリオカ(リオっ子)らしい、そしてブラジル人の多様性や温かさが表れたセレモニーとなった。

無事に全日程を終え感動のフィナーレへ導いたブラジル、そして、たくさんのドラマと感動を日本国民へ伝えてくれた日本選手団への感謝の気持ちが止まない。

中盤で行われた次期オリンピック開催地東京の8分間のプレゼンテーション・パフォーマンスは、会場の観客総立ちで終始歓声に包まれた。会場では「4年後の東京オリンピックが今から楽しみになった!」、「今から資金を貯めるぞ!」というブラジル人たちの声も多く聞かれた。

オリンピック旗は次期オリンピック開催地、東京の小池百合子知事に引き継がれた。

9月7日(水)からは、12日間にわたり同市でパラリンピックが開催される。

(文/柳田あや)

※サイト「mega brasil」では閉会式の写真を多数紹介しています。

最終更新:8月23日(火)21時30分

MEGABRASIL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。