ここから本文です

スバル「レヴォーグ STI スポーツ」発売1ヶ月で3千台超えの受注!主に40代~50代に人気

オートックワン 8/23(火) 12:21配信

富士重工業が、7月21日に発売した新グレードである「レヴォーグ STI スポーツ」の受注台数が、発売後1ヶ月を経過した8月21日時点で3052台に達したことが明らかとなった。

>> スバル「レヴォーグ STI スポーツ」を写真で見る(104枚)

レヴォーグ全体に占める「STI スポーツ」の割合は、42%となり、追加グレードとしては異例の好調なスタートをきっている。

「STI スポーツ」はレヴォーグが持つ「走行性能」と「走りの質感」・「内外装の質感」をこれまでよりも更に高めた最上級グレードである。ユーザーからは、「上質な乗り味」と「高い操縦安定性」への期待と、「内外装の高い質感」が好評だ。

詳しい受注内容

◇STI スポーツグレード構成比

・1.6STI Sport EyeSight 52%

・2.0STI Sport EyeSight 48%

◇レヴォーグ グレード構成比 (☆:STI スポーツ)

・2.0STI Sport EyeSight ☆ 20%

・1.6STI Sport EyeSight ☆ 22%

・2.0GT-S EyeSight 6%

・1.6GT-S EyeSight 26%

・1.6GT EyeSight S-Style 12%

・1.6GT EyeSight 14%

◇STI スポーツ外装色構成比

・クリスタルホワイトパール 25%

・ダークグレーメタリック 23%

・クリスタルブラックシリカ 21%

・WRブルーパール 20%

・アイスシルバーメタリック 4%

・ラピスブルーパール 4%

・スティールブルーメタリック 2%

・ピュアレッド 1%

◇STI スポーツ 購入者年齢構成比

・29歳以下 7%

・30歳~39歳 15%

・40歳~49歳 35%

・50歳~59歳 28%

・60歳以上 15%

最終更新:8/23(火) 12:21

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。