ここから本文です

SMAP解散。1995年の光GENJI解散と決定的に違うこと

BuzzFeed Japan 8月23日(火)5時12分配信

年内での解散が発表されているSMAP。ジャニーズ事務所所属で、最後に解散したのは「光GENJI」だ。21年前の光GENJIの解散と、SMAPに違いはあるのか。ファンに聞いた。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

「光GENJI解散は、泣ける場所があった」

美佐子さんは現在、50代の専業主婦。光GENJIデビュー当時からの熱狂的ファンで、現在もジャニーズファンだ。

美佐子さん「光GENJIの解散は、メンバーの明日のため、未来のための『卒業』『旅立ち』でした。なので、今回のSMAPの状況とは別物だと考えています。当時は、20代半ばでアイドルを引退するのが普通でした。その常識をSMAPが変えていき、今に至ってるのだと。彼らも、”みんなのアイドルでいること”に疲れていたのではないでしょうか」

光GENJIは、1987年にデビュー。数々のヒット曲を発表してきた。そして、1995年9月3日。名古屋市総合体育館・レインボーホール(現:日本ガイシ スポーツプラザ)で解散ライブが行われた。

当時のワイドショーでも、多くのファンが集まり、涙するようすが報道されたが、「栄光の2938日」「夢と感動をありがとう!」などポジティブな言葉が並んだ。

美佐子さん「当時のファンも言っていますが、光GENJI解散は、彼らが決めたことなので、納得していたし、これからも応援したいと思える解散でした。悲しくて悲しくて、会場中が号泣でしたが、泣ける場所があったことが良かったと思っています。でも、コンサートの申し込みを締め切ってからの解散のお知らせが、ファンクラブ会員に紙切れ1枚で届いたんですけどね……」

今回のSMAP解散も、当初、報道各社に送られたFAXのみだったことからファンの怒りを買った。

SMAP解散に思うこと

美佐子さん「光GENJIの解散は21年前。まだ、インターネットが普及していません。ファンも全体的に幼かったですし、事務所に対する文句もほとんどありませんでした。純粋に、彼らが決めたこと、彼らの夢を叶えるための卒業だと納得し、見送り、新しい旅立ちを信じていました」

美佐子さん「SMAP解散については、事務所の対応や報道に怒っているファンが多いと思います。また、あれこれ知ったように分析したり、綺麗事を言う人もいますが、ファンからしたら関係ない人たちに言われなくないだろうな、と。けれど、田村淳さんも言っていましたが、残念なことだけれど、解散の原因を探るのって意味があるのかな、と私も思ってしまいます」

SMAPファンに伝えたいこと

最後に、好きなアイドルグループを失った同じ立場から、SMAPファンに伝えたいことを聞いた。

美佐子さん「光GENJIの場合は、『これからもずっと応援する』という前向きな気持ちが大きかったので、今のSMAPファンのみなさんとは気持ちがまったく違うと思います。たった8年で解散した光GENJIファンに、ガタガタ言われたくないかもしれません」

美佐子さん「あえて言うのなら、解散は残念ですし、悲しいことだけれども、SMAPと言う素晴らしい功績を称え、誇り、彼らの決めた『道』『人生』『未来』を、穏やかに応援できたら、それが本当のファンだと思います」

最終更新:8月23日(火)5時12分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。