ここから本文です

【全文】蓮舫氏「脱・昭和で私が未来を作る」“批判しかできない民進党”の改革を宣言

ログミー 8月23日(火)18時36分配信

2016年8月23日、来月9月15日に投開票が行われる民進党代表選挙への出馬を表明した蓮舫参議院議員が記者会見を行いました。

9月15日、民進党代表選に向けた決意表明

蓮舫氏:みなさんこんにちは。まずは会長のピーター、今日はお呼びいただきましてありがとうございました。

6年ぶりにここに来させていただきました。6年前は大臣でした。下野した後は声もかけてくれませんでした……。ピーターありがとう。

さて、あらためまして、リオオリンピック、みなさんの国はどうだったでしょうか。メダルを取った選手のみなさん、本当におめでとうございます。

取れなかったけれどもがんばったみなさん、そして支えたチームのみなさん、監督のみなさん、国民のみなさん、みなさんに心から、「感動をありがとう」と伝えたいと思います。

英国では水泳で金メダルを取った選手もいますが、日本の萩野(公介)のほうがうまいと私は今でも思っています。

思い返せばこういう戦いというのは、私は7月の参議院議員選挙、そして都知事選挙、そしてリオの戦いの応援、このあとはパラリンピックの戦いの応援。

私の戦いはそのあとの9月ですから、まだ終わりません。ぜひ多くのみなさんに応援をしていただきたいと思います。9月15日が、民進党になってから初めて行われる代表選挙です。挑戦をします。

アベノミクスは昭和の時代には機能した

民進党には多様な人材がいます。そして政策もあります。残念ながらないのは、信頼です。今のところではないと思います。

批判しかしていない政党だと言われます。政権の問題点しか言っていない政党だと言われている。

はっきり申し上げます。それはまったく違います。

例えば、私は安倍総理が掲げた3年半前のアベノミクスはすばらしいと思っています。

我々ができないことを全部やりました。株を上げて、為替を大きく振れて、空気を変えて、明日よくなる。こういうことがちゃんとできる人はリーダーだと私は尊敬しています。

3年半が経ちました。限られた財源がこのままアベノミクスに本当に使われていいんだろうか? 税金を納めている納税者のみなさま方に、私たちはそろそろ選択肢を示す政党だと主張したい。

安倍総理は本当にいろんなことをやりました。異次元の金融緩和、それから大胆な財政出動、大企業減税、設備投資優遇税制、それから雇用促進税制、あるいは企業に政府が直接、「最低賃金引き上げ、内部留保を賃金に回してくれ」と要請をしました。

ありとあらゆる経済政策を、安倍総理はおやりになられた。

でも結果どうでしょうか。あれだけ期待したアベノミクスでしたが、東日本大震災があった、我々の政権の同じ時期を比べたら、GDPの実質成長率は我々の半分です。結果が出ていません。

我々はここで対案を出すとしたら、同じ財源をどういうふうに使っていくのか。それは、脱・昭和だと思っています。

今日は昭和生まれの方が少ないから大きな声で言おうと思いますが、アベノミクスが昭和の時代には機能しました。

子供が多かった。現役世代が多かった。高齢者が少なかった。モノを作れば売れた。売れたら企業が豊かになった。企業が豊かになったら、それが給料に回った。給料に回ったらほしいモノがあった。モノを買う。景気の好循環です。

当時、高齢者は人口の4パーセントしかいなかったのが、今は3割を超えました。当時、子供が35パーセントいたものが、今は10パーセントに近づいています。

労働生産人口はこのままいったら5千万人に縮小していきます。ある意味、モノがあふれている成熟国家になりました。

そんなときにトリプルダウンとか、昭和の時代に通じた経済政策はやはり通じないということを、この3年半、安倍総理は見事に実験として結果を出してくれました。

1/3ページ

最終更新:8月23日(火)18時47分

ログミー