ここから本文です

極東開発工業、ボルボの超大型ダンプをOEM生産-インドで年600台規模

日刊工業新聞電子版 8/23(火) 13:57配信

ボルボのシェアの約半分を担当

 極東開発工業はインド事業で、スウェーデン・ボルボからダンプトラックのOEM(相手先ブランド)生産を受注した。車軸4軸以上の超大型ダンプを供給する。超大型は欧州系が強く、国土が広いインドの市場規模は年約2000台規模で、このうちボルボはシェア7割でトップ。極東開発はボルボが同国で手がける超大型ダンプの半分弱を手がける。インドを含む2018年度海外売上高目標70億円(15年度は約20億円)の達成に弾みをつける。

 ボルボ向けダンプのOEMはすでに始まっており、生産台数は月を追うごとに上げている。年内に月産ベースで約50台規模、年間600台ペースまで高まる見込みだ。極東開発は国内大手特装車メーカーの一角。日本で培った品質や性能、技術がボルボから高評価を得た。ボルボとの取引実績は他社からのOEM獲得の弾みにもなる。インド市場で存在感のあるトラック世界大手スカニア(スウェーデン)や、独ダイムラーなどからの受注も狙う。

 極東は12年にインド企業との合弁でダンプ年産1200台、ミキサー車同480台可能なインド工場を稼働。調達車台に架装したオリジナル車や、トラックメーカーにスポットでダンプをOEM供給している。ただ、現地ダンプ市場の商流は、完成車メーカーブランドを特装メーカーがOEM供給するのが一般的で、極東は苦戦していた。ミキサー車も厳しいが現地トップ企業の市場在庫がようやく減り、市場が正常化しつつある。極東はボルボからの受注を機にインド事業を軌道に乗せる。

最終更新:8/23(火) 13:57

日刊工業新聞電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。