ここから本文です

中国、月に地球観測用の「有人レーダー基地」を計画中

sorae.jp 8/23(火) 10:05配信

先日には量子科学実験衛星を打ち上げた中国から、さらに野心的な宇宙開発計画が伝わってきました。なんと同国は有人のレーダー施設を月面に設置し、地球の観測を行うことを計画していると報じられているのです。
 
このレーダー施設では宇宙飛行士が滞在するための居住空間と、高さ50メーター級の巨大なアンテナが計画されています。その目的は科学的、あるいは防衛関連のモニタリング用途です。なんと、レーダーから発せられた電波は地上だけでなく、地中や海中の様子も観測可能。このことからこのレーダー施設では天候変化、地震活動、農業や北極の氷の変化についての調査が期待されているのです。
 
なお計画は今年の前半にスタートし、科学者たちはすでに240万ドル(約2億4000万円)の予算を中国の宇宙局から与えられています。
 
ただし月はその地球からの遠さから、レーダーをかなり強力にするか、あるいはアンテナをかなり巨大なものにする必要があります。そのため、専門家からは「コストに見合うメリットが得られるのか」という疑問も投げかけられています。
 
ただ、この計画を主導するGuo Huadong教授は「月面のレーダー施設は強力なレーダーを照射するためにメリットがある」と主張しています。また、中国政府は2020年までにこの計画において「大きな進展」を期待してるとのことです。
 
正直突拍子もないアイディアのようにも聞こえる中国の「月面レーダー施設」計画。しかし、中国なら本気かもしれない…と思わせるほどの同国の宇宙開発にかける情熱は、正直うらやましいですね。

最終更新:8/23(火) 14:23

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。