ここから本文です

小島よしお、結婚でエネルギー満タン! 初のキッズアルバム『よしおのうた』リリース

TOKYO FM+ 8/23(火) 10:00配信

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、小島よしおさんが登場。自称エキセントリックな新婚生活の様子と、7月27日にリリースされた初のキッズアルバムについて語ってくれました。


坂本「今日のゲストは初登場になります。子供たちに大人気のこの方です」

小島「ウィ~! お、お、おっぱっぴ~!」

坂本「ようこそディアフレンズに(笑)」

小島「来ちゃいました、ディアフレンズに」

坂本「お待ちしておりました。初めまして。そしてご結婚おめでとうございます。お幸せいっぱいですね」

小島「どうもありがとうございます。そうですね。皆さんにおめでとうございますと言っていただけるので、それをエネルギーに今動いています」

坂本「どうですか、新婚生活というのは」

小島「まあ、そんなにまだ新婚感がないというか。というのも、一緒にもう住んでるですよね、結婚する前から。ただ2人だけじゃなく、僕がもともとルームシェアで男4人で住んでたんですよ。そこに彼女が一緒に住むようになって、それで今、結婚した状態なので、そんなに変わってる感じはないんですよね、まだ」

坂本「そのシェアしている方々は、まだ一緒に?」

小島「まだいるんですよ」

坂本「そうか。にぎやかなファミリーですね(笑)」

小島「けっこう、にぎやかな感じですよね」

坂本「じゃあ、2人っきりでっていうわけではないんですね」

小島「今、一応、新居を探してて。ローンを組めるのか組めないのかとか、そういう話をしてますね(笑)」

坂本「そうか、じゃあ、お家を買って。すごいですねえ。でも奥様もすごいというか、なかなかない状況でしたね」

小島「そうですね。けっこう肝っ玉座ってるっていうか、ずっと実家に住んでた子なんですけど。初めて家を出る。それがいきなり5人で暮らすっていう(笑)。その中に1人外国人がいますから(笑)、けっこうエキセントリックな環境に来てくれたなっていうのはすごくありますね」

坂本「おもしろ~い。奥様もおもしろい方なんだろうな、きっと」

小島「ちょっと変わってる、かもしれないですね。普通行かないですよね(笑)」

(中略)

坂本「お子さんたちのイベントもたくさんやっていらっしゃる小島よしおさん、ついにキッズアルバムが発売になりましたね」

小島「はい、お陰様で」

坂本「7月27日にリリースされました『よしおのうた』というDVDとのセットなんですけど、どんな内容なんでしょうか」

小島「今までの5年間の単独ライブでやってきた歌とか踊りを凝縮した、集大成のようなCDでありDVDですね」

坂本「(収録曲に)『コジマリオネット』『ごぼうのうた』『ピーマンのうた』、あと『さかなのうた』……」

小島「『さかなのうた』もありますね。はい」

坂本「これは全部作詞されているんですけど、小島さんが考案されたような?」

小島「僕がもともとアイデアを出して、手賀沼ジュンっていう、もともと一緒にお笑いをやってたんですけど、今はお笑いミュージシャンみたいな立ち位置でやっている芸人というかミュージシャンがいるんですけど、まあその彼と一緒に考えながら曲にしてもらってるという感じですね」

坂本「面白そうなんですが、CDのボーナストラックには『そんなの関係ねぇ』の“春夏秋冬version”も入ってますね。“春夏秋冬version”はどんなものなんですか」

小島「もうこれは本当そのために書き下ろしたものなんですけど、やはりそれぞれの日本の四季ですね。春夏秋冬、これをいろんな行事もあるんで、キッズ向けっていうことで、いろんな行事もこれを聴いていれば覚えられるし。花見、春がやって来た、みたいな。花見、お団子……」

坂本「♪花見、お団子、桜餅」

小島「♪だけどもだけど、花粉症がちと辛い、でもそんなの関係ねぇ!」

坂本「(笑)」


(小島よしおさんは、2016年8月22日月曜日に、TOKYO FMの番組「坂本美雨のディアフレンズ」に出演しました)

最終更新:8/23(火) 10:00

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]