ここから本文です

「チケット高額転売」防止に音楽団体が共同声明 業界は改善に向かうか?

BuzzFeed Japan 8/23(火) 11:14配信

一般社団法人日本音楽制作連盟、一般社団法人日本音楽事業者協会、 一般社団法人コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体は23日、チケット高額転売取引問題の防止を求める共同声明を発表した。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

共同声明によると、現在、チケット転売サイトやネットオークション、SNSでの個人間売買、金券ショップなどで、チケットの不正な高額転売や購入によるトラブルが増加しているとのこと。また、偽造チケットが送られてくるなど詐欺行為によるトラブルも発生している。

具体的対策例として公式サイトには、以下の4つが掲げられた。

・会員登録の厳格化(多重登録の防止等)
・不正購入情報の協議会内情報共有(個人情報を除く)
・電子チケットの導入による本人確認の厳格化
・オフィシャル再販(リセール)サービスの順次導入

同活動には、ジャニーズ所属グループや山下達郎、きゃりーぱみゅぱみゅなど人気アーティスト116組。また、FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVALなど24の音楽イベントが賛同している。

同団体は、ハッシュタグ「#転売NO」で、この問題についての投稿を促した。Twitter上には、「大きな組織が立ち上がり、動いた」「高額転売と処分目的の転売は区別するべき」「条例または法律で規制すべき」などさまざまな意見が寄せられている。

最近では、同団体にも賛同している音楽イベント「京都大作戦」の対策が話題になった。
ロックバンド「10-FEET」が毎年7月に開催する同イベント。今年は、非正規ルートから購入した来場者には、身分証明証の提示や、正規チケット購入費の支払いが求められた。

業界大手が組んで起こした今回の共同声明。チケット高額転売問題に、一石を投じるか。

最終更新:8/23(火) 11:14

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]