ここから本文です

女子シングルス8強、ダブルスはベスト4が決定 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8月23日(火)8時15分配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)の大会4日目は、男女個人戦のシングルス2、3回戦、男女ダブルス準々決勝が行われた。

男子シングルスはシード勢7名が8強入り、ダブルスは関東勢がベスト4独占 [第43回全中4日目]

     ◇   ◇   ◇

 女子シングルスは第1シードの坂詰姫野(上越教育大学附属)、第2シードの内島萌夏(小平市立小平第二)、第3~4シードの川村茉那(牛久市立牛久第一)が、相手を寄せつけない強さで準々決勝に進出した。だが、第3~4シードのカジュール・オヴィ(大田区立田園調布)は2回戦でノーシードの堤華蓮(四日市市立西陵)に6-8で敗退。その堤は3回戦で進藤万里依(柏市立松葉)に2-8で敗れている。

 第9~12シードの長門桃子(我孫子市立湖北台)、光崎楓奈(みよし市立三好丘)と、第5~8シードの肥田唯花(松原市立松原第三)も準々決勝に駒を進めた。

 もっとも激しい試合を制して勝ち上がったのは、第5~8シードの神鳥舞(世田谷区立烏山)だ。2回戦で青木乙葉(瀬戸市立南山)に7-0のリードを奪うが7-7に追いつかれ、最後は8-8からタイブレークで8-6と振りきった。

「一発で決めようと、勝ち急いでミスが増えた。タイブレークも4-0でリードしたときに少し気が緩んで連続でポイントを許したので、もう一度自分のテニスをやろうとした。あまり自分のプレーができなかったけど、最後は相手がミスをしてくれてラッキーだった」と神鳥は振り返った。

 3回戦ではワールドジュニアに出場するなど経験豊富な山口藍(熊本市立桜木)が相手だった。

「相手は年下。自分は最後の全中なので絶対勝ちたいと思って最初から最後まで戦った」と神鳥。左対左の対決となり、「考え方がいつもと違って難しく、最初はフォアとフォアの打ち合いを嫌がって無理にコースを変えようとしてミスが出た。でも、じっくり打ち合って相手が焦れたときにバックで展開をつくるなどしたらうまくいった」と勝因を語った。

 神鳥はシングルスで目標としていたベスト8入りをクリア。しかし、その後、田中麻衣と組んだダブルスの準々決勝では第1シードの川出莉子/虫賀智歩(一宮市立奥)に4-8で敗退した。その川出/虫賀ペアは第1シードのプレッシャーを感じながらも、しっかりとベスト4まで勝ち進んだ。

「去年ベスト8で悔しい思いをしたので、今大会は第1シードをいただけたのはすごくうれしい。それに応えられるような結果を出したい」と虫賀。「愛知県としてプライドもあるので、2人で守っていければと思う」と準決勝に臨む。

 準決勝では宮地蘭/内田碧(富士見丘)をタイブレークの末に倒した内島萌夏/内島舞子(小平市立小平第二)と対戦する。内島萌夏は昨年のベスト8で敗れた相手でもあるので、リベンジなるか注目される。

 残り2つの準々決勝は新見小晴/田中陽明子(岡山市立桑田)が石澤千花/五十嵐日和(成蹊)を8-3で、毛呂彩音/金子さら紗(小平市立小平第二)は光崎楓奈/光崎澪(みよし市立三好丘)を8-6の接戦で下している。

 大会5日目の23日は、男女シングルス準々決勝と準決勝、男女ダブルス準決勝が行われる。単複ともに準決勝から3セットマッチ(それまでは8ゲームプロセット)を採用。試合開始は9時の予定。

(テニスマガジン/編集部◎池田晋)

最終更新:8月23日(火)8時15分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]