ここから本文です

“強靭なイブラ”を鍛え上げたのはあのクラブ? 「あそこはまるでモンスター軍団だった……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月23日(火)8時2分配信

鋼のメンタルのキッカケは?

今夏にフリーでイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドへと加入したズラタン・イブラヒモビッチが、自身のキャリアを振り返っている。

2012年よりプレイするフランス王者パリ・サンジェルマンとの契約が満了し、新たな挑戦としてプレミアリーグを選択したイブラヒモビッチ。いまだ衰え知らずの怪物は開幕戦に続き第2節でもゴールを奪い、そのメンタルの強靭さをアピールしている。これまでにユヴェントスやインテルなど、所属するすべてのビッグクラブで絶大な存在感を発揮し、見る者を魅了してきたイブラが、自身の“ハートの強さ”を次のように説明した。英『the guardian』が同選手のコメントを掲載している。

「俺はこれまでにたくさんのスーパースターとプレイしてきた。(アヤックスから)ユヴェントスへ移籍したのはまだ若いときだ。あそこにはパトリック・ヴィエラやファビオ・カンナバーロ、テュラム、ブッフォン、デル・ピエロ、トレゼゲ、ネドベド、カモラネージ、そしてエメルソンといった選手がいた。スーパースターで溢れ返っていて、まるでモンスター軍団だったな。俺の強いメンタルはそこで鍛えられた。それに今では2人の子供もいるし、どんな人間でも新たな責任を背負うことになる。大きな責任を持ってプレイしているし、監督は俺に多くを課す。もちろん俺はそれを受け入れる」

「ピッチ外での行動や、メディアに書かれるイメージで世間は俺という人間を決めつける。奴らは色んなことを書くが、俺には関係ない。片方の耳で聞き、もう片方の耳から流すというだけだ」

あくまで我流を突き通すスウェーデン人ストライカー。彼の誇るタフさはすでにユナイテッドサポーターを魅了し始めている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月23日(火)8時2分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。