ここから本文です

アウディ「TTクーペ」にエントリーモデルを設定 ~同時に2つの限定モデルも発表~

オートックワン 8/23(火) 12:54配信

アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツカーのエントリーグレード「TTクーペ 1.8 TFSI」を発表した。同時に2つの限定モデル、「TTクーペ 1.8 TFSI 1st edition」(限定180台)と「TTSクーペ アーバンスポーツリミテッド」(限定110台)を発売する。

アウディ TTクーペの写真を見る

「アウディ TT」は1998年に初代が発売されて以来、累計50万台以上を販売しているプレミアムコンパクトスポーツカー。一目でわかる個性的なデザインとquattro (クワトロ) フルタイム四輪駆動システムによる卓越した走行性能により、世界中で数多くのファンを獲得するとともに、アウディブランドのイメージ向上にも多大な貢献を果たしてきた。そして2015年には9年ぶりに3世代目となるモデルへとフルモデルチェンジした。

今回エントリーモデルとして新たに導入された「TTクーペ 1.8 TFSI」は、ターボチャージャー付1.8リッター直列4気筒エンジンを搭載。トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせ、軽快かつ効率的でJC08モード燃費は16.6 km/Lを実現する。

また、このモデルの導入を記念した限定モデル「TTクーペ 1.8 TFSI 1st edition」には、通常設定のないS lineエクステリアパッケージ(専用バンパー、ラジエターグリル、リアディフューザー、ドアシルトリム、エクステリアロゴ)をはじめ、LEDヘッドライト、10スポークデザイン18インチアルミホイール、先進安全機能アシスタンスパッケージを特別装備している。

さらに「TTSクーペ アーバンスポーツリミテッド」は、最高出力286PS、最大トルク380Nmを発揮する高性能バージョンのターボチャージャー付2.0リッター直列4気筒エンジンを搭載。

トランスミッションは6速Sトロニックで、quattroフルタイム四輪駆動システムを組み合わせ、5Vスポークデザイン 20インチアルミホイール、カラードキャリパーレッド、ファインナッパレザーSロゴ、エクステンドレザーパッケージ、Bang&Olufsen サウンドシステム、プライバシーガラス、アシスタンスパッケージを標準で装備した。

ボディカラーにはグレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックをはじめ、2015年の東京モーターショーに参考展示したexclusiveカラーであるノガロブルーの3色を用意する。

■価格(消費税込)
アウディ TTクーペ 1.8 TFSI:469万円
アウディ TTクーペ 1.8 TFSI 1st edition:500万円
アウディ TTSクーペ アーバンスポーツリミテッド:827万円 (ノガロブルーPEは853万円)

最終更新:8/23(火) 12:54

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。