ここから本文です

沢尻エリカ、過去の“クラブで泥酔して胸を露出”報道を認める「ブラジャー着ないから」

トレンドニュース(GYAO) 8月23日(火)12時56分配信

女優の沢尻エリカが、週刊誌による過去の「クラブで泥酔して胸を露出させた」という報道を「あながち……、本当」と認めた。

沢尻、裸足&スリップ姿での逃亡シーン>>

沢尻は8月22日放送の日本テレビ系「深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP」で、10年前の生活を「毎日のように(夜遊びに)繰り出していました。毎日のように飲んで。朝まで飲んで、そのまま現場に行くっていうのを繰り返していた」と振り返った。

だが酒には「強くはない」とのこと。「酔っぱらうし、記憶も飛ぶ」と苦笑いし、「クラブの柵から落ちて、気づいたらCTスキャンを受けていた」「自宅マンションの植え込みと塀の間に倒れていた」という失敗談をぶっちゃけた。

過去には週刊誌に「沢尻エリカ、クラブで泥酔。乳出す!」のように報じられたこともあったが、沢尻は「あながち……、本当」と認める。「言い訳じゃないんだけど、ブラジャーは着ないから、ドレス1枚だけ着て暴れたりすると出ちゃう。その状態のときには、出ているなんて自分は気づいていないから、周りが『あーっ!』って隠してくれたことが結構あった」と明かした。

沢尻は、そういった夜遊びが可能だったのは「若さ」によるものだったとして、「今はもう仕事の前日にお酒飲んでなんて、まず考えられない」「クラブはたまーに行くけど、仕事前の日は行かない」と語る。くりぃむしちゅーの有田哲平に「ポロンと出る日はもうないんですか?」とたずねられると、「もうないです」とキッパリ返した。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:8月23日(火)13時3分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。