ここから本文です

西日本を中心にきょうも猛烈な暑さに 熊本37℃ 名古屋・大阪35℃

ウェザーマップ 8月23日(火)6時48分配信

 きょう23日も、晴れる西日本を中心に猛烈な暑さとなる見込み。引き続き、熱中症に警戒が必要だ。

 8月に入ってから西日本では、多くの日で気温が35℃以上の猛暑日となっている。大阪はきのう22日までで猛暑日は19日間となり、きょうも西日本を中心に猛烈な暑さが続く見込み。気象庁は27府県(八重山、宮古島、大東島地方含む)に高温注意情報を発表し、熱中症に厳重な警戒を呼びかけている。

<きょうの主な地点の予想最高気温>
37℃ 熊本
36℃ 岐阜、広島、長崎など
35℃ 名古屋、大阪、岡山、高松など

少なくとも27日(土)にかけては西日本では猛烈な暑さが続くため、熱中症など健康管理に注意が必要だ。

最終更新:8月23日(火)7時3分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。