ここから本文です

【NHK衛星契約】BS対応マンションで「観ないから払わない」は通用せず ならば賢く支払い堪能しよう

マネーの達人 8/23(火) 5:18配信

NHKの受信料は地上契約と衛星契約で違うことを知ってますか?

「地上契約のほうが安いし、BSは見なくていいから地上契約でいいわ」

という節約技は、NHK受信規約の前では無効です。それでも衛星受信料を払うのがもったいないと考える方はどうしたらいいのでしょうか?

放送電波のデジタル化にともない、衛星契約が必要な世帯が多くなった

ちゃんと地上受信料を払っているのに、ある日突然NHKが「衛星契約にしてください」と訪問してくることがあります。

2011年にアナログ放送が終了するときに日本中でテレビの買い替えが行われたのは記憶に新しいですよね。実はそのころからほとんどのデジタルテレビに「地デジ・BS・CSの3波チューナー」が標準で内臓されるようになりました。

■集合住宅に住む場合は、受信設備は共同設備次第

いっぽう、受信方法も広がりました。BSパラボラアンテナ受信だけではなく、ケーブルテレビ・光ケーブルテレビなど。持ち家だったらテレビを受信するための方法が選べますが、マンションなど集合住宅に住む場合は、テレビの受信設備は共同設備次第。

テレビの機能に加えて、BSチャンネルが増えて視聴ニーズが高くなったのでほとんどの集合住宅は地デジもBSも受信ができるようになっています。以前はよく見かけていた各家庭のベランダのパラボラアンテナ、今はほとんどないと思いませんか?

共同アンテナがあるため、全世帯BS受信ができるようになっているからなのです。よって、「衛星放送を受信できる場合は衛星契約が必要」と決まっている以上、「自分は見ないし!」という理由は受け付けられないというのです。

参考:日本放送協会放送受信規約 第1条

衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない。

マンションにBS受信設備があっても、地上契約でよいケースはコレ

BS受信できるといっても、リモコンのBSボタンを押しても映らない…。

アンテナケーブルを地デジ入力だけに接続するとそんな状況になります。それでもやはり、BS入力に挿し替えれば受信ができるので地上契約でいいということにはなりません。分波器付きのケーブルを使っていなくても衛星契約が必要と言われてしまいます。

■「地デジチューナーのみ」しか内蔵されていないテレビが存在

ところが、種類はとても少ないものの「地デジチューナーのみ」しか内蔵されていないテレビが存在します。その場合は、BS放送が受信できないので堂々と地上契約にすることができます。

ただし、地デジチューナーのみ内蔵のテレビは一般的な国内メーカー製だと小型のテレビしかないようです。ですから、普通の家族構成の世帯には現実的ではありません。ひとり暮らしの方などに使えるワザといえるでしょう。

テレビに地デジチューナーしか入っていなくても、ブルーレイレコーダーなど、BSチューナー内蔵の機器を持っている場合はやはり衛星契約が必要ですので注意してください。

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 5:18

マネーの達人