ここから本文です

NSブルースコープ、タイに表面処理ライン FS完了9月までに決定

日刊産業新聞 8月23日(火)11時27分配信

 豪鉄鋼大手のブルースコープ・スチールは22日、新日鉄住金と東南アジア、北米に展開する建材薄板製造合弁事業、NSブルースコープ・コーテッド・プロダクツ(NSBS)を通じてタイに表面処理ラインを新設する方針を明らかにした。合弁としての意思決定はこれからだが、既に事業化調査を完了しており、ブルースコープとしては、1億2500万ドル(125億円)をかけて年産14万トンの第3表面処理ラインを2019年6月期のはじめに立ち上げたい考え。

最終更新:8月23日(火)11時27分

日刊産業新聞