ここから本文です

北海道 引き続き土砂災害、河川増水・氾濫に警戒

ウェザーマップ 8/23(火) 11:29配信

 台風9号は今後、温帯低気圧に変わり日本から遠ざかるが、北海道を中心にこれまでの大雨で地盤の緩んでいる所がある。引き続き、土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒が必要だ。

 台風9号は23日午前10時には、北海道からオホーツク海に抜けたが、台風の東側では風速25メートルの暴風となっている。今後、台風は温帯低気圧に変わり、速いスピードでオホーツク海を北上する見通し。日本からは遠ざかるものの、台風周辺の海上では引き続き非常に強い風が吹く見込み。

大雨 土砂災害・河川の増水や氾濫に警戒

 北海道の大雨の峠は越えたものの、23日昼過ぎにかけて雷を伴った激しい雨の降るおそれがある。また、これまでの大雨により、地盤の緩んでいる所や増水している河川があるため、23日いっぱいは土砂災害や河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

強風・高波

 23日昼過ぎにかけて、北海道の海上は非常に強い風が吹き、夕方にかけて大しけの状態が続く見込み。23日に北海道で予想される最大瞬間風速は30メートル、波の高さは6メートルとなっている。うねりを伴った高波に警戒するとともに、強風に注意が必要となる。

最終更新:8/23(火) 11:29

ウェザーマップ