ここから本文です

銀行がお金を「どうしても貸したい人」になる3か条~主婦の金バナ(15)

マネーの達人 8/23(火) 5:24配信

マネ達編集長の素朴な疑問

「住宅ローン金利交渉」 私が成功した理由2つ」の原稿を入稿した際、マネ達編集長から、こんなふうに聞かれた。

「どうして、住宅ローンを完済できたら、銀行担当者に菓子折りを持って御礼に行くんでしょうか? 普通は、ローン完済したら『偉いだろう』みたいな気分になるのでは?」と。

「何でだろう?」と考えてみて、思いついたのは、菅井敏之さんの存在だ。菅井敏之さんは、昨年発売されたベストセラー、「お金が貯まるのはどっち!?」の著者。

この本を読んで、私は「金融機関から信用してもらう」という視点を得た。金融機関と良好な関係を築いておくことは、ひとつの財産になりえる、という考え方だ。

そんな視点で金融機関とのお付き合いを考えてみると、住宅ローンが完済できたら自然と感謝の気持ちが沸き、「菓子折り」という発想に繋がった。

菅井さんの新著、『金の卵を産むニワトリを持ちなさい(菅井敏之/アスコム)』には、銀行がお金を貸したい人になるための心得が書いてあるという。早速、取材に行くことにした。

題して、「銀行がお金を『どうしても貸したい人』になる3か条」

掟 その1 「黒字の人になる」

「赤字を垂れ流す人ではなく、『黒字の人』になること、これが基本中の基本です。ただ収入が多いだけではダメ。高収入で浪費ばかりする赤字の人より、中くらいの収入でもお金をためている黒字の人の方が銀行にとっては、信用のある人です」(菅井さん)

菅井さんの銀行員生活25年の経験では、住宅ローンを借りて破綻するリスクが最も大きかったのは、有名大学を卒業して大企業に勤める年収900万円~1000万円くらいの人達だったそう。

「彼らは高収入でも、ステータスを気にして、価格の高い自宅を買い、車は外国車で、年に1度海外旅行といった生活を送るうちに、破綻してしまいます。一方で、年収400万円~500万円くらいの人達は、もっと、堅実です」(菅井さん)

掟 その2 「信用情報がクリーンな人」になる

自分の信用情報を、銀行が簡単に閲覧できることはご存じだろうか? 

「銀行は、お金を借りたい人の『個人信用情報』を必ず調べます。あなたの名前と生年月日と住所を打ち込み、信用情報センター機関(全国銀行個人信用情報センター、CIC、日本信用情報機構など)に蓄積されているデータと照合するのです」(菅井さん)

私はこの話を聞いて、すごくビックリした。そんなデータが世の中に蓄積されているとは! そして、それが他者に易々と見られてしまう仕組みがあるとは。

「クレジットカードを何枚も使っていると、浪費家と思われる恐れもあります。注意が必要なのは、クレジットカードについているキャッシング枠(いつでも現金を借りることができる20万円~50万円という枠)。

これは一度も利用しなくても借金にカウントされているので、クレジットカードを10枚持っていたために、住宅ローンの借り入れ枠が少なくなってしまったケースもありました。」(菅井さん)

いずれにせよ、銀行から信用してもらうには、「信用情報がクリーンな人」にならなければいけない。

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 5:31

マネーの達人

なぜ今? 首相主導の働き方改革